スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股関節&分泌物の検査結果

昨日、股関節、健康診断の検査で病院に預けていたパリスを、夕方迎えに行きました


認定試験を受ける際、獣医師に検査をしてもらい、健康上何も問題ないと

書類に記入してもらわなければいけないのです

結果は、何も問題なく、いたって健康!

血液検査の結果も、ぜんぶ正常範囲内でした

IMG_4678_convert_20120301164640.jpg



レントゲンの画像ももらわなければいけないんだけど、今は電子カルテだからCD-Rで渡されたので

さっそく家に帰って診てみました

レントゲン_convert_20120301165318


異常があったら、こんなふうに真っ直ぐに写らないんでしょうか?

骨の周りの白い部分は、後ろ足の肉(?)部分ですよね。。。

すごく筋肉が発達してる様に見えるけど、犬はみんなこんな感じなのかな。。。


この説明をされている時、先生が『あの仔は面白いこだね~』って

『なんでですか?』って聞いたら

ケージから出して診察室に連れて行くまでは、ドッタンバッタン嫌がって暴れてるんだけど、

診察台に乗った瞬間、ピタッっと動かなくなるんだとか

レントゲンを撮る時、じっとできない犬には鎮静剤を投与するらしいんだけど、

仰向けに寝かせられ、足を真っ直ぐ伸ばされたパリスは、じーーーーっとし、

目を細め恍惚とした表情だったらしい(^^;   鎮静剤いらず!

もう、それを先生が身振り手振りで話すものだから大爆笑(^o^)p

パリスらしいな☆


そして、謎の分泌物は、膣炎からのものらしく、そんな心配するものじゃありませんと。。

よかった、よかった(^^

IMG_4679_convert_20120301172455.jpg


6時間も病院にいたぱりすは、グッタリです(~~;

お利口だったね!











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

健康診断もレントゲンも、何の問題も無くて、よかったですね~。
大丈夫だとは思っていても、結果が出るまでは、ちょっと落ち着きませんよね。
それにしても、パリスちゃん、おもしろい!
どうして診察台に乗ると急におとなしくなっちゃうんでしょうね。
まな板の上の鯉の心境なんでしょうか?

分泌物は抗生物質をとったら治るようなものだったんですか?
たいしたことないということで、安心ですね。

No title

パリスちゃん、お疲れ様でした。
介助犬になるためには、健康診断も必要なのですね。
心身ともに健康というのが大切なことなのかな。

すべて問題なくてよかったですね。

ManSteflatさん

ほんとに、大丈夫だと思っていても、もしかして。。。なんて考えてしまいますからね。いたって健康、股関節も問題なくてよかったです。

パリス、おかしいですよね(^^
まな板の上の鯉って、覚悟して腹が据わった感じですよね。パリスは、そんなカッッコいいもんじゃなく、固まって動けない(~~; って感じでしょうか(^^;

おっしゃる通り、抗生物質を出されました。
避妊しても膣炎にはなるんですね。もう、そういう病気にはならないと思ってました。

No title

補助犬になるには、心身ともに健康!が基本条件みたいです。
それに、トイレが我慢出来る、アクティブすぎない。。。など。
パリスは、アクティブに当てはまってますが。。。(^^;

はい、問題なくてよかったです。ありがとうございます。
プロフィール
script*KT*

パリスパパ&ママ

Author:パリスパパ&ママ
フラットコーテッドレトリバーのパリス、mix犬のビビ姉、ミニチュアダックスの妹あゆとの楽しい日常。介助犬訓練の様子などもちょこっと。
神奈川県在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。